-SUPP- ノーカラーレザージャケット

もうサップのレザーといえば、定番中の定番ですが、昨年と今年で出来あがったものは殆ど奇跡に等しいくらいの良いレザーがたまたま見つかったからだそうです。ジャケットに使用できるくらいのハイクオリティのレザーがもう中々無く、しかもなめし方にとてもこだわっています。

そもそもなめしとは。そのままだと硬くなって腐ってしまう動物の皮を製品用として利用できる耐久性のある革へと変化させるために施す加工の事。皮から革にするための加工です。

そしてサップのレザージャケットはベジタブルタンニンなめしという方法で加工されています。ベジタブルタンニンなめしは、天然植物(草や木の汁など)から抽出したタンニン(渋)を使って皮をなめす方法。
タンニン濃度を少しずつ上げながらなめすために、作業工程数が多くなり、30以上の工程を踏まえる必要があります。そのため手間暇が非常にかかり、化学薬品を使ってなめすクロムなめしに比べて2〜5倍効果になります。(クロムなめしは工程を省略していることと化学薬品を使っているため、見た目での違いが一目瞭然です。市場の約9割がクロムなめしだそうです。)
ベジタブルタンニンなめしをしたレザーは、型崩れにくくて丈夫で、使い込むほど艶や風合いが出て馴染んでくれ、染料の吸収が良くなるために、発色がとても良い事が利点です。

今回のノーカラーのタイプは艶感があって、レザーですが少し上品さがある、そんな雰囲気に。ノーカラータイプですがボタンを留めるとライダースタイプにも早変わりしてくれますよ。サイズ感は女性らしいラインを出すためにジャストサイズに仕上げています。ゴテゴテしすぎず、ジップやミシンは最低限に。

袖のジップを上げると袖通しがし易くなります。
ノーカラータイプは女性らしくスカートで穿いても◎!秋モード全開のコーデです!

Col:  ブラック
Qua:  シープレザー
    ライナー:ポリエステル100%
  • 59,400円(税4,400円)
ブラック
F

F
ブラック